アマガエルも枯れ葉になる初秋

アマガエルも枯れ葉になる初秋

10月18日

今日の庭。アマガエルが数匹いるのが見えます。秋らしく、枯れ葉と同化した模様に変化中。

さて、この3本の細長いものは何でしょう?

正解は、ヤゴの尾鰓です。

10月19日

近くの田んぼへ散歩に出ると、稲が美しい黄金色に変わっています。アオモンイトトンボが秋の夕日を受けて、きらきらと光っていました。

外のボックスにいたヤゴをすくって見たら、くの字に曲がった形で死んだようになりました。動かないので、あきらめかけた頃、少し足が動きはじめました。

それから室内の小さいケースに移したところ、マツモにつかまりました。2時間後にはアマゾンフロッグピットに移動し、元気そうになっています。歩き回ったりも。さっきのは何だったのか…死んだふりだったのかもしれません。

翌朝から夜まで、ずっと同じアマゾンフロッグピットにつかまっています。機嫌よく尻尾をふったりしているので良いのですが、ずっと同じ体勢。ご飯を食べているのかどうかもわかりません。

名前を「リバース(rebirth)」にしました。

10月20日

アマガエルとオンブバッタが、鉢合わせ。アマガエルはときどきこんな目に遭っていますが、通り過ぎるのを黙って耐えています。前に見たときは、大きなカメムシに体を登られていました。

アマガエルカテゴリの最新記事